交通事故と弁護士

交通事故は出来れば無縁でありたいものです。
自分自身の肉体に大きな傷を残してしまう可能性もあれば精神的に追い詰められてしまったり、いつまでも交通事故の事で悩まされたりもします。
また、相手への賠償ですとかこちらへの賠償がどれくらいになるのか等、いろいろと話し合わなければなりませんが、交渉が億劫になってしまうケースも多いです。

むしろ交通事故は過失割合や保険等、事故そのものよりもその後の処理の方が面倒とも言われているのです。
語弊があるかもしれませんが、事故そのものはその一瞬ですが、その後の事故処理は場合によっては長期間かかる事もあります。
加害者という立場であっても被害者という立場、違いはあれど相手がいる問題になりますので相手といろいろと話し合いをする事になるのですが、そのような場合、相手は保険屋が出てくるケースが一般的です。

自分自身も保険に加入していれば保険屋が何とかしてくれるかもしれないのですが、交渉は交渉力次第です。
また、自分自身が加入している保険の対象外ではいくら保険に加入していてもエージェントは動いてくれませんので自分自身で応対しなければならないのです。
百戦錬磨と言っても過言ではないエージェント相手に自分だけで立ち向かわなければならないのです。
相手は専門的な知識も蓄えていますし、交渉そのものにも慣れています。
そのような相手に自分に有利な条件を引き出すのは難しいものです。
そこで弁護士なのです。



○RECOMMEND SITE
交通事故の専門的な知識をもつ弁護士事務所のサイトです ―> 交通事故専門弁護士

Copyright © 2014 交通事故は弁護士へ相談すべし All Rights Reserved.